奏電子カタログ 朝凪(あさなぎ) -ASANAGI-
56/224

日本が世界に誇る、職人の極上化粧筆。江戸時代より続く筆の産地として名高い、広島県熊野町。今なお日本の筆の約80%が この地で生産されています。名産地となるきっかけは、江戸時代末期、広島藩の工芸の 推奨により、全国へ向け、筆の販売を広めたこと。そのなかで、筆作りの技術が発達しました。 現在、伝承された技を生かして作られる「熊野化粧筆」は、国内外を問わず、有名化粧品 メーカーにも採用され、世界的に高い評価を受けています。化粧筆を制作するのは、知識 と技術を併せ持った「筆司」と呼ばれる職人。毛先をカットせず、自然のままのやわらかい 先細りの毛先を卓越した技で丁寧にそろえていきます。そのやわらかな毛先は肌ざわり が良く、メイクのノリや持ちも断然違う「本物」の逸品が出来上がります。フェイスブラシ56こだわりの日本製Japan Quality※このページの写真の小物は付いておりません。※天然木及び天然素材製品は、重量・サイズ・色が違う場合があります。あらかじめご了承ください。GC-へ1447-0740・8209-157251熊野化粧筆 フェイスブラシ全長約17.6cm毛丈約4.7cm●持ち手:天然木、真鍮●毛:粗光峰(山羊毛)●日本製申込番号3222-092

元のページ  ../index.html#56

このブックを見る