2022総合カタログ法人版
316/460

約1.5倍約1.4倍約1.7倍プレミアム南海トラフ地震資料出典:内閣府 防災パンフレット「日本の災害対策」西日本全域に及ぶ超広域震災30年以内にM8〜9クラスの地震が 70〜80%程度の確率で発生日本の中枢機能の被災が懸念30年以内にM7クラスの地震が 70%程度の確率で発生家具の固定非常用持ち出し袋の準備水や食料の備蓄避難場所や避難経路の確認感震ブレーカーの設置建物の耐震化(税込¥11,000)出典:国土交通省・気象庁・内閣府■箱/31×21×4.5cm・1070g・n/B4・SSBSP-21WP■現/開いた状態:81.5×29×3.5cm・閉じた状態:29×19.5×3.5cm・生地:ポリエステル・パネル:PET単結晶ソーラーパネル・出力ケーブル(2m)、メガパワーバンク用プラグ、ノートPC用プラグアダプター(12個)、カラビナ2個、ストラップ付・4308-013・[中国製] GC-は1179-0870資料出典:国土交通省 令和2年版国土交通白書 「第1節 我が国を取り巻く環境変化」年間平均約0.07日1901〜19301990〜2019年間平均約0.12日年間平均約150日1976〜19852010〜2019エバーブライト年間平均約210日年間平均1,476件年間平均1,006件2000〜20092010〜2019出典: 国土交通省じて補強しておく。・ 側溝や排水溝は掃除して、水はけを良くしておく。・ 風で飛ばされそうなものは飛ばないように固定したり、家の中に格納する。● 家の中の備え ・ 非常用持ち出し袋の準備、確認を行う。・ 飛来物に備えてカーテンやブラインドは閉めておく。また、窓ガラスに飛散防止フィルムを貼る。・ 風で飛ばされそうなものは飛ばないように固定したり、家の中に格納する。● 避難場所の確認など63エバーブライト近い将来に発生することが予測される大地震として、西日本の広範囲に及ぶ「南海トラフ地震」、首都圏に発生する「首都直下地震」が挙げられます。南海トラフ地震は、概ね100〜150年間隔で繰り返し発生してきており、前回の地震からは70年以上経過しています。一方、首都直下地震は、南関東地域で繰り返し発生している地震で、前回は死者が10万人以上といわれる関東大震災で、100年近く経過しています。日本は地震列島と言われるように、他の地域でも、大地震が起こる可能性は高く、日頃からの備えが必要です。大型の21Wソーラーパネルを使用しているので、充電時間を短縮。ノートPCやスマートフォン、USB機器への充電も可能です。別売のメガパワーバンクを入れて持ち運びができるポケット付。肩掛け・手持ちの両方に使えるストラップ付。地球温暖化の影響により、洪水や土砂災害を引き起こす大雨や短時間強雨の回数が増加しています。日降水量が200mm以上となる年間の日数は、20世紀の初頭と比べ、約1.7倍に。また、1時間降水量が50mm以上となる短時間強雨についても増加し続けています。豪雨の際には、避難場所へは早めに行くようにし、行けない場合には、1階ではなく、2階に避難するなど、在宅避難時も注意が必要です。さらに、豪雨は土砂災害も同時に引き起こします。土砂災害の恐れのある地域の方は、いっそうの備えをしてください。災害時には停電がつきものです。電気が通ってなくても、使える機器を用意しておきましょう。軽量1,030g。パソコンへの充電や、小型家電製品に使えるバッテリー。大容量でも小型軽量化を実現。移動にも便利です。GC-は1179-08702種類の証明付。(点灯時)エバーブライト21Wソーラーパネル (ポケット付)ご注文番号エバーブライトメガパワーバンク(ACコンセント2個付)1314-027ご注文番号 首圏直下地震日降水量 200mm以上の 年間日数1時間降水量 50mm以上の 年間発生回数容量24000mAh土砂災害の 発生件数(税込¥23,100)■箱/19×19.5×11cm・1400g・n/B5・SSBACMPB■現/14.4×7.7×10.5cm・ABS樹脂・ACアダプター、シガレットライターアダプター(出力用)、USBケーブル、タイプCプラグ、携帯電話プラグ(iPhone、iPhoneライトニング、ドコモ/ソフトバンク、AU、マイクロUSB)付・4308-022・[中国製] 防災グッズ台風・集中豪雨に備えること● 家の外の備え ・ 窓や雨戸はしっかりと施錠し、必要に応¥21,0001314-018¥10,0001.巨大地震のリスク地震の発生に備えること2.自然災害の頻発化314314減災のためにできること。停電時の強い味方!災害にを持とう備える知識

元のページ  ../index.html#316

このブックを見る