奏電子カタログ 光彩(こうさい) -KOUSAI-
37/207

刃物の町の伝統を受け継ぐ銘品。日本でも有数の刃物の町として有名な岐阜県関市で、昭和22年の創業以来、今日まで、濃州孫六作の伝統を受け継いでひとつひとつ丁寧に作ってきました。柄には、手に馴染みやすく、やわらかい感触の白木を使用した、菜切和包丁です。濃州孫六作菜切和包丁焼き研ぎ研削・研磨高温高温高温の炉焼炉焼炉で焼き入れ行行を行います。非常に熟練した技術が必要となります。焼焼焼き入れした物鋼物鋼物刃物鋼砥石砥石を砥石によっ削て削り削鋭鋭鋭く尖らせます。僅差僅差僅差0.1m世mの世界見見界で見極極め、熟練練練熟練し職職職職人た職人手の手により一つずつ手作業で研いでいきます。※包丁の製造イメージです。38※このページの写真の小物は付いておりません。こだわりの日本製こだわりの日本製GC-ほ1554-0770201濃州孫六作別撰菜切和包丁刃渡り約16cm●刀身:ステンレス刃物鋼●柄:白木●日本製申込番号8109-012

元のページ  ../index.html#37

このブックを見る