エラボッカ電子カタログ アクアマリン -AQAMARINE-
20/193

「テーブルの貴婦人」とも称されるミントンの創立は1793年。2代目ハーバートの時代になると、大理石のような輝くパリアン陶器、金を腐食させて紋様をつくるアシッド・ゴールドなどの技法を開発し、大いに発展しました。1840年にはビクトリア女王が“世界でもっとも美しいボーンチャイナ”と賞賛。1948年に発表された「ハドンホール」は古城ハドンホールのタペストリーにヒントを得た、類のない独創的なデザインです。Brand Style ItemミントンB3GC-は1412-0900・8703-03311ハドンホールティータイムセット直径約9cm高さ約6cmカップ5客●直径約14.5cmソーサー、直径約20cmプレート各5枚●ボーンチャイナ●インドネシア製申込番号3653-033

元のページ  ../index.html#20

このブックを見る