エラボッカ電子カタログ オパール -OPAL-
127/161

17世紀に加賀藩主が家臣に有田で製陶を学ばせ、九谷で窯を築いたのが始まり。九谷五彩といわれる赤、青、黄、紫、紺青による色絵装飾と力強い線画が重厚な作風を作りあげます。九谷焼石川県備前の土を酸欠状態にすることで、青色を発色させる青備前。さりげく力強い存在感は料理をいっそう引き立てます。美濃地方(岐阜県南部)では、すでに平安時代から焼物が作られていましたが、桃山時代に花開いた茶の湯の流行とともに、茶陶の世界が発展。織部、志野、黄瀬戸など多様な陶器を生み出し、全国でも有数の陶磁器生産を誇っています。美濃焼岐阜県釉薬をかけずに良質の陶土を高温で焼き締める備前焼は、土と炎の出会いによって多彩な変化が生まれ、ひとつひとつ異なる表情の素朴な器が作り出されています。備前焼岡山県77※焼物の色・高さ・形状は若干異なる場合があります。あらかじめご了承ください。KITCHEN & TABLEWAREテーブルウェアGC-ほ644-0770・8393-07483匠たくみ魅フリーカップ6客コースター付直径約8.3cm高さ約11.5cmフリーカップ6客(6柄)●陶器●約10×10cmコースター×6付●日本製●コースター(中国製)申込番号3387-084食洗機非対応GC-に611-082084組湯呑 富士山直径約8.8cm高さ約8.8cm湯呑(大)、直径約7.8cm高さ約8.3cm湯呑(小)各1客●磁器●日本製申込番号3387-093電子レンジ非対応食洗機非対応GC-に1122-0820・8393-08345一いっこうがま紅窯 青あおびぜん備前 盛鉢直径約17cm高さ約7.5cm●炻器●日本製申込番号3387-102

元のページ  ../index.html#127

このブックを見る