エラボッカ電子カタログ エメラルド -EMERALD-
25/297

「テーブルの貴婦人」とも称されるミントンの創立は1793年。2代目ハーバートの時代になると、大理石のような輝くパリアン陶器、金を腐食させて紋様をつくるアシッド・ゴールドなどの技法を開発し、大いに発展しました。1840年にはビクトリア女王が“世界でもっとも美しいボーンチャイナ”と賞賛。1948年に発表された「ハドンホール」は古城ハドンホールのタペストリーにヒントを得た、類のない独創的なデザインです。Brand Style Itemミントン芸術性の高みまで極めた、“テーブルの貴婦人”。白山陶器の器の魅力は、オリジナリティーを大切にしながら使いやすく暮らしの中になじむという機能美。国内外のデザイン賞やロングライフデザイン賞などの受賞歴が品質とデザインの良さを物語っています。Brand Style Item日常の中にあってこそ輝く、機能美を追求した新定番。B6GC-は1412-0900・8303-055203ハドンホール マグカップ直径約8cm高さ約9cm●ボーンチャイナ●インドネシア製申込番号3303-086GC-ほ1215-0800・8303-073264白磁千段深皿揃直径約13.5cm高さ約3cm深皿5枚●磁器●日本製申込番号3303-095

元のページ  ../index.html#25

このブックを見る