エラボッカ電子カタログ エメラルド -EMERALD-
240/297

美濃地方(岐阜県南部)では、すでに平安時代から焼物が作られていましたが、桃山時代に花開いた茶の湯の流行とともに、茶陶の世界が発展。織部、志野、黄瀬戸など多様な陶器を生み出し、全国でも有数の陶磁器生産を誇っています。美濃焼岐阜県166※このページの写真の食物や小物は付いておりません。※焼物の色・高さ・形状は若干異なる場合があります。あらかじめご了承ください。GC-へ644-0720・8343-079121匠たくみ魅 懐石向むこうづけ付揃直径約13.5cm高さ約5.5cm小鉢5客(5柄)●陶器●日本製申込番号3337-107GC-ほ644-0770・8343-160102志野削り湯呑6客直径約6.8cm高さ約8.4cm湯呑6客 (6柄)●陶器●日本製申込番号3337-116

元のページ  ../index.html#240

このブックを見る