エラボッカ電子カタログ ルビー -RUBY-
195/289

信楽焼らしい、土味がしっかりと表現された花入。花が生けやすいサイズです。日本最古とされる焼き物で、釉薬を使わない“自然釉”が持徴。それぞれに個性があり、侘び寂びの趣が伝わります。信楽焼135INTERIORインテリア※このページの写真の植物や小物は付いておりません。※3177-623の商品は一品一品手作りの為、色・形状が写真と異なる場合がございます。※焼物の色・高さ・形状は若干異なる場合があります。あらかじめご了承ください。藁を巻いて焼き締めた跡に、緋色の模様が生まれるのが「ひだすき」。温かい土味が、季節の花の愛らしさを引き立てます。※花台は付いておりません。無釉焼き締めによる伝統が生きる備前焼。茶道の侘び・寂びにも通じるその素朴な姿は、茶人にも愛されてきました。備前焼GC-ほ1122-0770・8177-556105ひだすき なつめ花入直径約8cm高さ約14cm●炻器●日本製申込番号3177-632GC-ほ540-0770・8177-565166石ハゼ 手付花入約14.5×12×18cm●陶器●日本製申込番号3177-641津 軽びいどろGC-に604-0820124津軽花器 夕景直径約13cm高さ約21.5cm●ソーダガラス●日本製申込番号3177-623

元のページ  ../index.html#195

このブックを見る