2020出産内祝カタログ
7/208

「発育」「健康」「安全」のチェックポイントとして、育児にまつわるQ&Aをご紹介します。気になることは今すぐCheck!!&教えて!!QAお七夜・命名祝の場合● 「内祝」としてお子様の名前で、命名紙を添えて贈ります。また、仲人さんや親しい方に、命名披露を兼ねて贈る場合もあります。● 命名をお願いした場合は、名付け親を招き命名式を行うこともあり、命名御礼として謝礼を贈ります。お宮参り祝の場合● お返しはしなくても構いませんが、「内祝」として赤飯、紅白餅、砂糖、菓子折りを贈ることもあります。● 神社への御礼は「初穂料」「玉串料」「御礼」としてお子様の名前で送ります。● 地方によって慣習が異なりますので、相談した方がよいでしょう。初節句祝の場合● お返しは「内祝」として、お子様の名前で贈ります。● 親しい間柄の方には、お子様の記念写真を添えてもよいでしょう。赤ちゃんの紫外線対策は、どうすればよいのですか?Q以前は、赤ちゃんの健康に良いとされ、母子手帳にも掲載されていた日光浴ですが、最近ではむしろ、肌に有害な紫外線対策が注目されています。特に春先から夏にかけての外出は要注意!なるべく日差しを避け、ベビーカーには日よけ付きのものを選び、刺激の少ないベビー用日焼け止めクリームを塗ってお肌を守りましょう。なお、 帰宅後は、日焼け止めクリームをきれいに洗い流してあげるのをお忘れなく。A紫外線対策健 康Check Point赤ちゃんのアレルギーを防ぐための対策はありますか?Q昔の日本家屋に比べると、マンションなど密閉性の高い住宅事情が影響して、ダニ、埃、カビなどが原因と考えられる、アレルギー症状が問題になっています。特に赤ちゃんは、大人に比べて影響を受けやすいもの。十分に換気しながら、通常よりも頻繁に掃除しましょう。室内で犬などペットを飼っている場合は特に要注意。また、直接肌に触れる布団類などは、特に気を付けてこまめに洗うようにしてください。Aアレルギー対策健 康Check Point母乳で育てたいのですが、何か気をつけることはありますか?Q母乳は、赤ちゃんにとって命の源。おいしくて栄養満点の母乳を飲んでもらうためには、ママ自身の食生活の管理が大切です。鉄分やカルシウム、たんぱく質などを多く含むバランスのとれた食事が、赤ちゃんにとって最適な母乳をつくります。脂肪分や糖分の多い食事、香辛料などの刺激物を多く含む食事、添加物を多く含む加工食品などは、意識して避けましょう。なお、授乳中のアルコール類は厳禁!! A母乳のおはなし健 康Check Point赤ちゃんにきちんと言葉を教えるには、どうすればよいのですか?Q一般的に、1歳半位までに言葉を話しはじめますが、生後2ヵ月位になると「クークー」といった喃語(なんご)を言い出し、聴力もしっかりしてきます。特に〝教える〞という意識をしなくても、この頃から、表情をしっかり作ってどんどん語りかけることが大切です。赤ちゃんは、おむつ替えや授乳時など日常のコミュニケーションで、言葉と感情の結びつきを実感し、ママの声を繰り返し聞くことで、自然に言葉を覚えていくものなのです。A語りかけレッスン発 育Check Point離乳食は何のために必要なのでしょう?Q離乳食は、あごや口、舌の動きの発達に、大切なはたらきをします。最初はドロッとしたものを舌で飲み込み、次に少し硬いものを舌でつぶす、という発達段階は、実は「話す」ための筋肉の動きにも欠かせないもの。そのほか、将来の健康維持のためにも大きな役割を果たします。赤ちゃんの頃から正しい味覚を養っておくことが、栄養バランスのとれた食事習慣をつくります。離乳食は、最初の「食育」なのです。A離乳食のおはなし発 育Check Pointおもちゃを選ぶとき、どんなことに気を付けたら良いでしょうか?Q成長に合わせて選ぶことが大切です。生後3ヵ月位までは寝て過ごすことが多いので、動いたり音の出るものを見える位置に取り付け、3ヵ月を過ぎるとさわったり握ったりできるもの、7ヵ月位からは手で持って遊べるもの、一人で遊ぶようになる10ヵ月位からは両手で遊べるものが良いでしょう。いずれも、安全性が最優先。形状はもちろんですが、使われている素材や塗料など、なめても大丈夫なものなのか十分に確認します。Aおもちゃの選び方安 全Check Point赤ちゃんにとって初めての晴れの日でもあるお宮参りは、現在では赤ちゃんが無事生まれたことへの感謝と健やかな成長を祈願する行事となっています。誕生後1ヵ月前後の休日で、母子共に体調が良く、晴れた日にお参りしましょう。お宮参り5母乳から離乳食に移ることを祝うと共に、一生食べ物に困らないようにという願いを込めた儀式。お膳に新しい食器を用意し、尾頭付きの焼き魚などを並べます。また、丈夫な歯が生えるように「歯固めの小石」の儀式も行います。お食くい初ぞめ6赤ちゃんが誕生後初めて迎える節句で、女の子は3月3日の桃の節句、男の子は5月5日の端午の節句に、雛人形や武者人形、鯉のぼりを飾り盛大にお祝いします。赤ちゃんが生まれて間もない場合は、翌年でもかまいません。初節句祝7赤ちゃんの満一歳の誕生日をお祝いする行事です。地域によっては、お餅をついて赤ちゃんに背負わせたり踏ませたりする風習があるようですが、バースデーケーキを囲んでの家族パーティーが一般的のようです。初誕生8お誕生に関わる「お返しもの」「御礼」 あれこれ5

元のページ  ../index.html#7

このブックを見る